外壁をリフォームで綺麗にする3つの方法<広島>

外壁をリフォームで綺麗にする3つの方法<広島>

あなたの家の外壁はどんな状態でしょうか?

外壁は、家に入ってくる雨風から防いでくれるもの。

その分、雨風にさらされると「外壁の劣化」が激しくなってきます。

ちょっとした外壁のひび割れや黒ずみを放っておくと、
後々のメンテナンスに影響が出てきます。

少しでも長く住まいの寿命を長くさせるためにも、
外壁のリフォームは必要なことです。

さて、そんな外壁を綺麗にリフォームする3つの方法をご紹介します。

塗り替え

まず、塗る前に外壁の点検を行います。

外壁の点検で、
外壁の下地が劣化によって
雨漏りなどの問題はない時には、
ひび割れなどの亀裂を修理した後に、
下地のシーラー塗り(塗りのムラを防ぐ)をした後に、
塗料を上塗りします。

これが一番手軽な外壁リフォームのやり方です。

廃材は出ることもなく、外装材は今のままで行えるので、
比較的安く外壁リフォームすることができます。

重ね張り

続いて手軽な外壁リフォームが「重ね張り」です。

塗り替えの時と同じように、
下地に特に雨漏りなどの影響がない時に行います。

劣化した壁の素材のつなぎ目を埋めているシーリングを直します。

その上に、サイディングと言われる外壁素材を重ねて張ります。

この場合だと、今の状態の外壁とは関係なく、
好きな外壁材を選ぶことができます。

塗り替えの時よりは、材料を多く使うので、
費用は高くなります。

廃材はこの場合も出ることはありません。

しかし、家の雰囲気を変えたいと思われるようでしたら、
この重ね張りが適しているでしょう。

張り替え

外壁の現状がひどい時には、
「張り替え」
という作業を行わなければいけません。

張り替えとは、一度解体して、
もう一度下地からやり直すことになります。

この場合は、廃材はもちろん出ますし、
最初からのリフォームになるので、
費用も倍以上高くなるでしょう。

しかし、全てが新しくなるので、
家の耐久性は格段に上がり、質の良い家に変わります。

場合によっては、家の色々なメンテナンスも可能になります。

張り替えをして、
今まで気になるところに手をうつことができれば、
耐震性もあげることができます。